海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    2013年04月

    東京スカイツリーの建築過程を定点観測で撮影した動画を見た海外の反応です。
    下の段から少しずつ組み上げていき最終的に完成に至るまでの過程は、見ていて感心させられます。


    天気の変化とは無関係に作業が進んでいく様子に、作業員の人たちの努力が見て取れます。
    また、スカイツリーだけではなく、空模様の変化も楽しめる動画です。

    海外の人は日本の建築技術に感嘆すると同時に、地震で壊れないのかとか、
    クレーンはどうやって降ろすんだなど、けっこうディープなツッコミを入れています。

    東京タワーの知名度が高いせいか、東京タワーの存在意義を問う意見が多いのは、
    ちょっと面白いです。

    海外の人は、思った以上に日本の建築に対して注目しているようです。


    動画 携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 東京タワーが今もあるなら、このスカイツリーは必要なのか? アメリカ

    ■ こういう建物が地震で倒壊しないことが信じられないよ。僕は日本の建築が大好きだ インドネシア

    【こういう建物が地震で倒壊しないことが信じられないよ・・・日本のスカイツリー建設動画を見た海外の反応】の続きを読む

    新型の防波堤に関する、英語ニュースサイト「JAPAN TODAY」の記事に寄せられた海外のコメントです。

    和歌山県沖に設置が始まったこの防波堤は、普段は海中に沈んでいますが、
    緊急時には空気圧によって上昇し、津波の力を弱めるというもの。

    記事で述べているように、防波堤が船の通行の邪魔になるから、
    また美観を損なうから、という理由でこういう 「収納式」 防波堤が開発されたとのことです。

    確かに防波堤は津波を防ぐという目的がなければ邪魔なものだし、
    美観の面でプラスにならないことも確か。
    しかし、その配慮が防波堤の強度や効果を弱めていないか、というのは正直心配なところです。

    ニュースサイトの「JAPAN TODAY」についてですが、
    在日外国人や外国人に向けて、日本に関する情報を発信しています。

    コメントを見ると日本についてよく知っている人も多く、主な読者は在日外国人であるようです。
    0429 kiji
    【記事の訳】
    浮上式防波堤、和歌山県沖で動作試験
    (4月5日)

    和歌山県--津波の力を弱めるための全く新しいタイプの防波堤が開発されました。
    他の防波堤と違う点は、普段は海底に沈んでいるため、
    船の交通の邪魔にならないこと、それから海の美観を損なわないことです。

    津波警報が発せられると数分でこの防波堤がせり上がり、津波に対する障壁になります。
    先週、この防波堤システムの最初の部分が設置され、実験に成功しました。
    下の動画は、その実験の様子です。

    浮上式防波堤を動作試験 津波対策で世界初 携帯用動画
     

    海底13メートルの深さから海上7メートルまでせり上がるこの防波堤。
    動画を見た人は、複雑な機械が海中にあると思うかも知れません。
    しかし実は、空気によって動いているだけなんです。

    警報がなると陸から堤防内部に空気が送り込まれ、上昇します。
    緊急事態が去ると空気は放出され、海中へと沈みます。
    この装置は複雑な機械を使うよりも、ずっとメンテナンスが簡単に済みます。

    非常に優れた装置ですが、
    予定された230メートル長の防波堤のうち、9メートルが設置されたにすぎません。
    防波堤の完成は、2020年。総工費は7億3千万円に上る見込みです。


    以下、このニュース記事に寄せられた海外の反応

    ■ 「他の防波堤と違う点は、船の交通の邪魔にならないこと、それから海の美観を損なわないこと」……。美観も考慮されるとは、思いもよらなかったな。しかも沿岸でやってる公共事業で、そういう事を考えるとは。+3


    ■ もし津波が来たときに作動したら、素晴らしい(多分作動するね)。しかし言いたいのは、絶対に、絶対に津波の力を過小評価してはいけない。+3


    ■ 空気さえあればいいんだな。そして電気は、あまり必要としない。予備の補充用空気があるんだろうね。+2


    【なんで海の中に作るんだろう・・・日本の浮上式防波堤を見た海外の反応】の続きを読む

    今回は、重機器メーカー・コマツが提供している最大の油圧ショベル「PC8000」の
    デモ動画を見た海外の反応です。

    PC8000は、クレーンメーカーのDemagを買収したコマツがH655Sの後身として開発したものです。
    全重量720トン、バケット容量42立方メートル、出力はおよそ4,000馬力と、
    他のショベルカーと比較しても驚異的なスペックを誇っています。

    しかも非常に動力性に長けている利点もあり、大型機でありながら高速移動も可能です。
    実用性に秀でているため、長期に渡って世界ナンバー1のショベルカーとして業界を牽引してきました。

    また、独特なデザインにも定評があり、ミニチュア模型としてもファンの間で高い人気を誇っています。
    SF映画に登場する兵器を彷彿させるような重厚感のある形態を見て、
    初めて目の当たりにした多くの外国人が圧倒されているようです。

    彼らの賞賛と驚嘆のコメントの数々をご覧ください。


    動画 携帯用動画


    以下、この動画に対する海外の反応
    (翻訳はプロの手によるものですw)


    ■ これ、マジで油圧ショベルかよ。 +9 チリ

    ■ なんて醜いマシンなんだ…。  しかし、気に入ったぜ! 国籍不明

    ■ ゴジラだ!!! +30 アメリカ

    【気をつけろ!こいつ、俺たちのことが見えてないぞ!!!・・・日本の巨大ショベルカーを見た海外の反応 】の続きを読む

    2011年3月11日、
    東北地方を襲ったマグニチュード9.0という未曽有の大地震は、
    日本だけでなく、世界中を震撼させました。

    激震、火災、大津波……、
    その中で300,000近くの建物が倒壊し、10,000人以上の人たちが犠牲になりました。

    その後、東日本大震災の被災者を救うため、
    世界中から多くの人々が東北復興のために日本に結集し、様々な活動を展開してくれました。

    そして惨劇の日から半年後の被災地、
    少しずつ笑顔を取り戻した東北地方の人たちから
    世界中の人たちに向けて感謝のメッセージが届けられました。

    本動画は、彼らの「ありがとう」という言葉に込められた
    感動的な諸事情を描いたドキュメンタリーに仕上がっています。

    国境を越えて展開される復興活動に感銘を受けた外国人視聴者から
    感動のコメントがたくさん寄せられています。

    命の尊さ、希望を捨てないことの大切さを説く彼らの主張をご覧ください。


    動画 携帯用動画 

    以下、この動画に対する海外の反応
    (翻訳はプロの方によるものです)


    ■ 素晴らしい動画だったよ! アメリカ

    ■ 彼らがカメラに向かって「ありがとう」と言い始めた時、私は胸が引き裂かれそうな気持ちになりました。 3月11日の震災の日にも、その後東北に行った時にも、ここまでの気持ちになったことはありませんでした。 私たちはいろいろな活動を展開してきましたし、被災者の方々も復興のために非常に勇敢であり続けました。 動画をアップロードしていただいてありがとうございました。 そして、私たちの人生観を変えてくれた被災者の方々に感謝の意を表します。 どうか、希望を捨てないでください。 +2 韓国

    ■ アンダーソン先生、どうか安らかにお眠りください。 彼女は私の数年前のサマープログラムのカウンセラーでした。 彼女は本当に素晴らしい人でした…! もう会えないなんて悲しすぎます。 素晴らしい動画でした。 +7 アメリカ

    【とても感動的な動画だったよ!ありがとう!・・・日本からの「ありがとうメッセージ」を見た海外の反応】の続きを読む

    大阪駅に設置された水時計が海外視聴者からの高い関心を集めています。

    日本の企業が開発したスペースプリンターと呼ばれる技術を使って
    無数の水を細かく制御する事により、空間に時間や文字、
    そして模様を表示しているのですが、その完成度の高さには驚かされるばかりです。

    視聴した外国人の反応はおおむね好意的なのですが、
    中には水の無駄使いではないかというコメントもでており、
    他のユーザとの議論も散見されました。

    また、この動画を見た外国人からは「日本に行って実際に見てみたい!」という声も寄せられており、
    大阪のPRにも一役買っているようですね。

    大阪に行った際には、訪れてみたいところですね!


    動画 携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 雨もこんな風に見えたらいいのに・・・ 国籍不明  

    ■ この動画の後、トイレ行きたくなった アイルランド

    ■ なんて壮大なんだ。大阪駅に行ってみたい。 ドイツ  

    【本当、日本は違う惑星だ・・・日本の水時計を見た海外の反応】の続きを読む


    ビデオタイトルにある「prank」とは、悪意のないイタズラのこと。
    外国人がチョイスした日本の「うわっ!ダマされた大賞」からのYouTube動画を見た海外の反応です。

    芸能人にドッキリ(イタズラ)をしかけてお仕置きする、そんな趣意のテレビ番組です。

    路上で100人の人々に急に追いかけられたり、銭湯の湯がまたたく間に満員になったりと、
    現実ではありえないイタズラばかりですが、
    いざいきなり仕掛けられると彼らの表情は驚きと動揺、パニックでいっぱいです。

    日本語の分からない外国人の皆さんも、そのリアクションを楽しんでいます。
    どうやらこの面白さは世界共通のようです。
    ただ中には、「日本語がわかればもっとおもしろかったのに」 という人も。 


    動画 携帯用動画
     
    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ この動画の 3:10 ↓ はクローズZEROみたい。 フランス
    sentou

    ■ 次は100人の仕掛け人がゾンビとかの格好をしたら面白い。 アメリカ

    ■ 日本語がわからない皆さん、残念でした。わかっていればもっと面白かったはず! シンガポール

    ■ 言葉はわからなかったけど大笑いした人、手を上げて! カナダ

    【【海外の反応】日本を歩くとこうなっちゃうのか。気をつけよう・・・日本のどっきり番組を見た海外の反応】の続きを読む

    今回は、第二次世界大戦中に製造された数々の戦艦および巡洋戦艦を、
    「大きさ」や「最大速度」、「砲撃性能」などの観点からランク付けした動画を見た海外の反応です。

    この動画には、各戦艦の外観写真のみならず、正確なスペックまで掲載されています。


    その結果、トップ10は以下のようなランクになったようです。

    1.大和(日本)
    2.アイオワ(アメリカ)
    3.扶桑(日本)
    4.ビスマルク(ドイツ)
    5.金剛(日本)
    6.アドミラル・グラーフ・シュペー(ドイツ)
    7.ローマ(イタリア)
    8.テネシー級戦艦(アメリカ)
    9.ジャン・バール(フランス)
    10.フッド(イギリス)

    この結果に対し、視聴者の間で賛否の声が巻き起こっています。

    「妥当だ」とみなす者もいれば、「自国の戦艦こそ最強」と主張する
    愛国心の強い外国人も見受けられます。

    それでは、こだわりのある軍事マニアならではの熱い意見の応酬をご覧ください。


    動画 携帯用動画




    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ ビスマルクこそナンバー1だ。 ドイツ

    ■ 確かに戦艦大和は最強だよ。  でも最終的には沈んじまったじゃないか。  その点、アイオワは沈まなかった。  だからアイオワこそナンバー1に相応しいんだ! ハンガリー

    ■ アイオワなんぞクソだ。  ビスマルクこそ神。おお、アドルフ・ヒトラー総統万歳! アメリカ

       ■ re:くたばれ、ナチ公。 アメリカ

    【【海外の反応】「ビスマルクこそナンバー1だ」 「いいや、大和が最高だね」・・・戦艦ランキング動画を見た海外の反応】の続きを読む

    少し前に日本のAIP潜水艦の技術をオーストラリア海軍が導入する可能性がある、
    という記事が発表されましたが、それに対する海外の反応です。

    海洋国家であるオーストラリアは国防のため、すぐれた性能を持つ
    日本の通常動力型潜水艦の技術に関心を寄せています。
    続々と新型潜水艦を配備する周辺国の脅威に対抗するべく、
    次期新型潜水艦を開発することは必然となっています。

    オーストラリアでは既にコリンズ級潜水艦が6隻配備されていますが、
    この潜水艦はいろいろと問題点が多いため、オーストラリアのメディアから批判されています。
    そこで、これに代わる潜水艦を用意し、順次入れ替えていきたい考えであり、
    日本の潜水艦の導入も検討したいようです。

    しかし、海外でも知られている通り、日本は武器の輸出を自ら禁じています。
    動画ではオーストアリア海軍の担当が旧型の潜水艦(コリンズ級潜水艦)では
    戦力やその他において物足りなく、オーストラリアの長い海岸線を守るには
    配備数も不足しているとの説明をしているようです。


    それでは海外の反応(主にオーストラリア)を見てみましょう。


    動画 携帯用動画




    以下、この動画に対する海外の反応


     ■ 米国と日本政府のあいだでいろいろな見解がありますが、原子力潜水艦の導入は自然の成り行きでしょう。 ニュージーランド

    ■ コリンズ級は燃料食い過ぎなんだよ! アメリカ

    ■ 一昔前の技術なんかはやく捨ててしまえばいいのに オーストラリア

    【【海外の反応】コリンズ級は燃料食い過ぎなんだよ!・・・日本のそうりゅう型潜水艦技術をオーストラリアが導入する可能性?の記事で議論】の続きを読む

    1995年、「零戦里帰りフライトショー」と称して
    茨城県竜ヶ崎飛行場でおこなわれたフライトショーを見た海外の反応です。

    空を飛んだのは、タイトルでも分かるとおりゼロ戦と、アメリカ軍戦闘機のP-51ムスタング。
    第二次大戦における、日米の名戦闘機です。
    ゼロ戦は太平洋戦争の初期に、その圧倒的な空戦性能によって大活躍。
    大戦初期の空中戦ではほぼ敵無しの存在でした。恐れたアメリカはゼロ戦を徹底的に研究。
    次第に、資源と生産力に勝るアメリカが開発した戦闘機の方が優位に立つようになっていきました。


    P-51ムスタングは第二次大戦時の、世界最高の戦闘機の一つです。
    最高速度は時速700kmを誇り、当時これを超えたのはドイツのジェット戦闘機のみ。
    アメリカの戦闘機は格闘性能が良くない傾向がありましたが、
    P-51は空中戦においても強力でした。

    ちなみに動画で飛んだゼロ戦ですが、まぎれもない本物です。 

    こちらのページによりますと、1944年に米軍が日本軍基地を占領した際、無傷で捕獲。
    戦中はゼロ戦の研究のために使用され、戦後はアメリカ各地で展示されたりしました。

    動画の1995年は初の「里帰り」というわけではなく、この前にも何度か日本へ運ばれています。
    コメントは総数はあまり多くないですが、海外の人がほとんど。しかし、皆さん詳しいですね!


    動画 携帯用動画


    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ ゼロよ、永遠に +11 コロンビア

    ■ 日本最高&アメリカ最高の機種だね。 タイ

    ■ 俺が知ってる限り、世界で最も美しい飛行機のうちの二つ。A6Mのゼロが大好きだ(^_^)+14 アメリカ ※A6M=ゼロ戦の型式のひとつ

    【【海外の反応】さあ弾をこめろ、撃て!・・・日本の零戦を見た海外の反応】の続きを読む

    青函トンネルを通り抜けるJR北海道 スーパー白鳥 789系からの景色を映し続けた動画です。
    真っ暗なトンネルかと思いきや、青と緑のライト、また間に海底駅が二つ。

    静かにレールの上を走る音、風を切る音、時々ホーンが聞こえてきます。
    まるで自分が電車に乗って旅をしているかのようです。
     
    オチも何もなく、ただレールの上を走るだけの動画なのですが、
    外国人の方にとっては何だか和むようで、海外からも賞賛のコメントがあがっていました。


    動画  携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ すっげー!このトンネルマジでかっこいい。このビデオも同じくらいかっこいい!シェアしてくれてありがとう! +2 国籍不明

     ■ re:ビデオを見てくれてありがとう。このトンネルは重要な出来事だったんですよ。北海道を旅したいなぁ。あなたもぜひいつかこの電車に乗るべきだと思いますよ。 投稿者 (日本)

    ■ いやーいいビデオ作ったなぁ よくやった! ルーマニア

    【【海外の反応】か、かっこいい・・・青函トンネルを抜ける鉄道動画を見た海外の反応】の続きを読む

    冬になるとコンビニに並ぶおでん。
    そのコンビニのおでんを淡々と紹介する動画を見た海外の反応です。
    投稿主は違うお店に行ってまで、同じようなおでんばかり紹介しています(笑)

    日本を含むアジア圏ではこういった食べ物はわりとポピュラーですが、
    欧米ではやはり珍しいようで、
    特にタコの足に驚く外国人の方もいるようです。

    日本のコンビニに欠かす事のできない存在となったおでん。
    海外の方々から見るとどのように映るのでしょうか?


     動画  携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ アメリカのコンビニの食べ物より美味しそう。 アメリカ

    ■ 台湾のコンビニで一年中おでんが食べられるよ! 台湾

    ■ アメリカのレストランで出てくる料理より美味しそうに見えるね。 アメリカ 


    【アメリカも栄養の事を考えて、こういう食べ物を扱ってほしいよね・・・日本のコンビニの「おでん」を見た海外の反応】の続きを読む

    幕末を舞台にした漫画『るろうに剣心』。
    その大人気漫画が実写映画化され、日本では329スクリーンで公開され、
    8月27日付の興収ランキングで初登場1位を記録、
    公開5日間で動員42万4,143万人、興収5億5,547万6,800円と大ヒットしました。

    本映像はその予告ですが、予告にも関わらず反響が大きく、
    海外からも本作品に対して賞賛のコメントが沢山よせられています。


    通常、漫画やアニメなどの実写化は大失敗する事が多いのですが、
    この映画に限って言えば大成功との声が大多数を占めています。

    この映画が始まる前の漫画の時点で、海外やアニメにはたくさんのファンが存在しますが、
    そういったコアなファン(?)からも絶賛されているところを見ると、
    やはり大成功と言えるでしょう。


    本編映画が始まる前から期待していた方も多いようで、
    本編を見た方々からも次々と絶賛のコメントが寄せられています。



    動画   携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ すごくよかった、続編を是非だして欲しい:D フィリピン  

    ■ 剣心最高!この世界に住みたい! イギリス  

    ■ 待ちきれない!早く観に行きたい! ベトナム

    【フタエノキワミアッー!・・・実写版「るろ剣」予告動画を見た海外の反応】の続きを読む

    これは居合い抜きの達人というか、振武舘館長である黒田鉄山先生の動画なのですが、
    そのあまりの速さに動画を視聴した外国人の方々も驚きのようです。

    今回の動画の黒田先生ですが、この動画は2007年の演武会のもので、
    黒田先生はこの時なんと57歳!
    海外のコメントでも歳を感じさせない動きに驚いている方がいます。

    特に2回目の抜刀(48秒~)は大変早く、
    「コマ送りして確認すると抜き始めて真っ直ぐ持つまで0.3秒くら­いだ」

    というコメントもあり、
    正直、何がおきたのか分からないくらいです(笑)
    動画でこれだから、実際に目の前で見たら、
    見る事もできないかも知れません。

    静かで激しい。これぞ日本の武術、剣の技術は素晴らしいですね。


    動画  携帯用動画

     


    以下、この動画に対する海外の反応


    これは私がyoutubeの上で見つけた最良の居合道ビデオだ。ありがとう。本当にもっと見たいと思ったよ。  ニュージーランド

    制御されていた力が爆発したようだ。 ドイツ

    これはいいデモンストレーションだ。誰かこの流派を僕に教えてくれ。 国籍不明

    剣と精神の完全な融合に驚いたよ。 チェコ

      【【海外の反応】日本の剣術を見た海外の反応】の続きを読む

      クラシエの「知育菓子」、ポッピンクッキンシリーズの一つ
      「つくろう!おべんとう!」を見た海外の反応です。定価は262円。
      たかが子供の遊び、とあなどってはいけません。

      このシリーズはどれもそうですが、
      粉と水が見事に食べ物の形になっていく様子には驚かされます。
      それとポッピンクッキンのすごい所は、実際に食べられるところ。
      味は動画の字幕で説明されているように、基本的にお菓子の味です。

      ちなみに公式サイトによると、このお弁当タイプには最近からあげもおかずに加わったとのこと。
      海外のコメントでは、実際に作った、また食べた、という人が何人か。

      それによると、あまり美味しいものではないらしいです・・・。
      この辺は、改良の余地があるのかもしれません(笑)


      動画  携帯用動画



      以下、この動画に対する海外の反応


      ■ 美味しそうだし、楽しそうだ!もっと高いのかと思ったら、本当に安いね。 アメリカ

      ■ いやー、すごいなこれは。ただ、食べ物として安全なのかな。 オーストラリア

      ■ 今日これをやってみたんだよ。動画の人は、ものすごく上手にやってる。俺は黒い粉を、そこらじゅうにまき散らしてしまったよ(笑)しかし楽しかった。味もまあ、悪くない。+59 アメリカ

      【ちくしょう、アメリカなんて嫌いだ・・・日本のお菓子を見た海外の反応】の続きを読む

      皆さんも一度は見た事があると思いますが、
      TOTOのトイレのCMを見た海外の反応をご紹介いたします。

      説明するまでもないと思いますが、このCMは、
      世界でも有名なトイレメーカーである日本のTOTOと、
      サッカーくじのtotoによる共同キャンペーンという事で作られました。

      海外でも驚く方が多いのですが、
      私たちから見てもなにこれ(笑)という感じです。
      売り文句(?) は、 「S.G.T.K(スーパー・グレート・トイレ・キーパー)」 らしいです。

      動画中の説明によると、

      「毎秒250コマのハイスピードカメラ2台を用いて独自開発した技術でモーション解析し
       0,1秒以内にボールの到達点を立体で予測
       超高速モーターによって0,1秒でS.G.T.Kを傾け
       ギャジット社製の強力バネでボールを射出する
       これは160kmのシュートでも、対応できる処理能力である」

      ・・・らしいです。
      何という無駄なハイスペック・・・。

      ちなみに、これは宣伝用で製造や販売は行なっていないとのことです。
      お、おう・・・

      さて、海外の反応はどういったものでしょうか?


      動画   携帯用動画



      以下、この動画に対する海外の反応


      ■ こりゃすごい! イギリス

      ■ このトイレを使う時は、あの機能が停止しているかどうか確認しないとね。 国籍不明

      ■ お!日本のマラドーナ・久保だよ。引退したけど、今もかっこいいね。 国籍不明

      ■ 日本のトイレ技術が、また一歩進んだ(トイレに見えるだけで実際は違うってことは知ってるけどねw) アメリカ
      【【海外の反応】また日本人か・・・日本のあのトイレを見た海外の反応】の続きを読む

      日本のCMに出演した外国人スターを見た海外の反応です。

      日本のCMに、ハリウッドのスターは数多く登場します。
      しかし必ずしもかっこいい姿ばかりではなく、
      結構笑われるような使い方をしているCMも多いですよね。

      そういう姿を彼らの本国のアメリカやヨーロッパの人々に見せたら、
      果たしてどう思うのか?というのは、興味深いところ。
      最近ではブルース・ウィリスの 「ミラいいす?」 がありましたし、
      ジャン・レノがなぜかドラえもんになったりしていますね。

      しかし何と言っても代表格は、缶コーヒー・ボスのトミー・リー・ジョーンズでしょう。
      「渋い」「いかつい」「生真面目」といった印象はそのままですが、
      ファストフードの店員をやったり、工事現場で警備員をしたり、
      彼のイメージからすると 「絶対ないだろう」 という状況に次々と置かれていきます。

      これはそのうちの一つ、「トミー・リー・ジョーンズがメイド喫茶に行ったら」 です。
      海外からのコメントでは、やはり大受けするとともに、
      「大物俳優がこんな事をして恥ずかしい」という意見も。

      それから「萌え」という言葉に興味を持った人も多いようです。


      動画  携帯用動画



      以下、この動画に対する海外の反応


      ■ 史上最高のTVコマーシャル。+3 ブータン王国

      ■ 本物のトミー・リー・ジョーンズ?(o_o)あんな顔だったかなあ。 フィリピン

       ■ re:もちろん本物。ただ、そう思えなかったってのも分かるよ。「ありえん」って感じだもんねw アメリカ

      ■ まったく笑えるCMだな(^∀^)

      ■ 「萌え」て(笑)+4 アメリカ


      【【海外の反応】何やってんすか!・・・日本のCMに出演するハリウッドスターを見た海外の反応】の続きを読む

      産業技術総合研究所と技術開発機構が開発した、恐竜型ロボットを見た海外の反応です。

      これが展示されたのは、2005年の愛・地球博

      もう少し話題になってもよかった物だと思うのですが、日本人でも初めて見る人も多いのでは?
      この恐竜型ロボットは体調3.5 m、体重が約80 kgで、本物の恐竜よりは小さめ。

      ティラノサウルス型ロボットは総関節数が27軸、
      パラサウロロフス型ロボットは総関節数が26軸で、
      恐竜の関節構造がかなり忠実に再現されています。

      また、歩行動作は最新の恐竜の学説を参考にして再現されています。
      海外からは賞賛とともに、「音がダメ」「リアルさがない」などの厳しい声も結構ありました。


      動画  携帯用動画



      以下、この動画に対する海外の反応


      ■ これは非常にいいね。 アメリカ

      ■ 一つ欲しい!! アメリカ

      ■ ちょっと偽物っぽいなあ。Tレックスが歩く時、ソニック・ブームは起きない。 アメリカ

      【【海外の反応】犬や強盗から家を守るための用心棒にしたい・・・日本の恐竜型ロボットを見た海外の反応】の続きを読む

      平成21年(2009年)に制式化された、日本の主力戦車(MBT)である
      10式戦車(ひとまるしきせんしゃ)を見た海外の反応です。

      その最新型のプロトタイプが富士演習場で一般公開された時の様子を収めたビデオです。
      以前自衛隊で採用されていた90式戦車とは異なり、戦闘力の総合的な上昇と、
      火力・機動力・防護力の向上、小型・軽量化などを達成したモデルであるといわれています。

      車体の総重量は44トンで、以前とは大幅に軽量化がなされ、
      動画をみてもわかるとおり、その機動性は抜群です。

      時速70km/hで走行可能で、急旋回するときには
      アクセルターンと呼ばれるドリフト走行のようなパフォーマンスが可能になっています。
      主砲には日本製鋼所の国産44口径120mm滑腔砲を採用し、
      新型の国産徹甲弾の採用により高い貫徹力を備えています。

      開発のコンセプトは5つあり、
      高度なC4I機能等の付加、火力・防護力・機動力の向上、
      全国的な配備に適した小型軽量化、
      民生品の活用 (COTS) および部品の共通化等によるライフサイクルコストを含む経費の抑制、
      将来の技術革新等による能力向上に対応するための拡張性の確保です。

      防護力に関しては、新たに開発した複合装甲を使用し、防御力を下げることなく軽量化を図っています。
      映像をみた限り、主砲を標的から外す事無く高速走行が可能になっていて、
      より実戦向きの戦車であるという印象を受けました。

      またこの戦車は軍隊における情報処理システムであるC4Iシステムを搭載しており、

      戦うコンピューターなどと呼ばれることもあるようです。



      動画   携帯用動画



      以下、この動画に対する海外の反応


      ■ これはすごい。ここから空飛ぶロボットに変わっても僕はおどろかないよ。 レバノン +10

      ■ ゴジラ! アメリカ

      ■ この戦車ってドリフトできるんだよな アメリカ

      【【海外の反応】日本の本気を見た・・・日本の10式戦車を見た海外の反応】の続きを読む

      THE GREAT HANSHIN-AWAJI EARTHQUAKE
      1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災の映像を見た海外の反応です。

      当時の被害の大きさを忘れないように、後世のために遺された動画です。
      被害状況の説明から入り、実際の地震の瞬間から
      その後の被害の凄まじさが映像として収められています。

      少し古い動画なので東日本大震災との比較はされていませんが、
      コメントを投稿された外国人の方は純粋にその地震の凄さに驚いている方が多いです。

      また実際に経験された方やリアルタイムで情報を得ていた方もいて、
      それぞれの思ったことの違いがコメントに現れています。


      動画  携帯用動画



      以下、この動画に対する海外の反応


      ■ 日本は海外からの救援を断ってより多くの死者を出したよね。この地震とJAL123便の事故は似ている。+3

      ■ 昨日イタリアで大きな地震があって、小さな村が崩壊したわ。100人以上の死者が出て2000人以上の人が家を失った…今テレビを見ているけどすごく悲しい。1995年の神戸での地震を思い出した。地震でお亡くなりになった方へのご冥福をお祈りします。+5  国籍不明

      ■ 私の村は近くてここから150kmのところにあった。今夜それと同じ地震を感じた。281人も亡くなって3000人以上の人が家を失った。この地震によって、これ以上の人が傷つけられないようになることを願っているよ。+3
       イタリア
      ■ 私たちはイギリスで地震を経験したことがあるけど、日本のとは比べ物にならないわ! イギリス

      【【海外の反応】阪神大震災の大きい振動は恐ろしい死の災害だった・・・阪神大震災を見た海外の反応】の続きを読む

      スバルの55周年を記念して作られたレコメンド映像を見た海外?の反応です。

      スバルで最初に発売された車であるスバル・360からほぼすべての車種が登場します。
      地面に置かれたピアノの鍵盤の上をそれらの車が通過し、音楽を奏でるというものです。

      その光景は圧巻で、レックス、レオーネ、レガシイからインプレッサ、
      フォレスター、ステラなど懐かしの車種から最新のものまでかっこよく、
      隊列をとり走行していきます。

      これはスバル好きにはたまらない映像でしょう。
      自分が乗っていた、あるいは好きな車が次々と登場するんですから。


      ビデオのタイトルにある"TWINKLE TWINKLE SIX STARS"。
      これはスバルのロゴのモチーフとなっているプレアデス星団
      (冬の夜空を飾るおうし座にある代表的な散開星団)を想起させています。

      すばるの車がまさにキラ星のごとく走り去っていく姿は流れ星のようで、
      これまですばるという自動車ブランドを引っ張ってきた星たちが、
      すばるのファンたちへ永遠の輝きを見せてくれています。

      富士重工業が旧・中島飛行機系5社を吸収合併するという形で誕生したことから、
      この6社を「統(す)べる」=「統合する」との意志が込められている。
      wikipediaにはありましたが、いやはや、ロマンですね(笑)



      動画   携帯用動画



      以下、この動画に対する海外の反応


      ■ スバリストにはたまらないCM(^ - ^)/ 日本

      ■ 発想と映像が素晴らしい! 個人的には歴代サンバー(クラシックも含めて)と二代目インプレ-ッサ(前期型から後期型すべて)も入れてほしかったですが、スバ-ル1000、レオーネ、アルシオーネなどの名車の走る姿を見れた-のでとても満足できる映像でした +5 日本

      ■ この曲名はなんですか? アメリカ

      ■ 音楽が素晴らしい 残しておきたいCMですね。 アメリカ

      【【海外の反応】あーーー!すばらしーーー・・・日本の「スバル」の55周年CMを見た海外??の反応 】の続きを読む

      このページのトップヘ