海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    日本料理

    外国人男性たちが、日本のラーメン屋をグルメレポート風に紹介する動画を見た海外の反応です。

    夜の街並みをしばらく歩き、やってきたのは東京・池袋の人気店「とんちん」。
    店に入っても混んでいるのですが、食券を買い、いよいよ出て来たラーメンはとても美味しそうです。

    この外国人男性、ラーメンを作る厨房が丸見えな事や食券機にも若干驚いているようです。
    夜の街の明るさに驚く人も多いようですが、ラーメン自体はごく当たり前のラーメンです。

    日本人にとっては何てことはないこの光景ですが、果たして外国人の反応は?



    動画  携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 僕が食べたことのあるラーメンと言えば「マルチャンラーメン」だけ(;_;) アメリカ

    ■ むしゃむしゃむしゃ。最高に旨い。 アメリカ

    ■ ラーメン屋ってどこも店員が元気なのが面白いね。ところで15ドルってちょっと高くない? おかわりもできるの? アメリカ

    【ちくしょう、腹が減った・・・日本のラーメンを見た海外の反応】の続きを読む

    すき焼きの作り方の動画を見た海外の反応です。

    淡々と英語ですき焼きの作り方を説明しているのですが、なぜか傍らには犬が。
    犬でもできるとかさりげなく言ってます(できませんよねw)。
    Cooking with dogというシリーズのようですが、きょとんとした犬がいい味を出しています。

    外国の方々も作ってみたがっているようですが、材料集めに苦労しているよう。
    生卵に抵抗がある人も多いようです。

    海外での反応も上々で、以前から作ってみたかった外国人の方が多いようで、
    今回は日本語動画に英語音声を被せる形で翻訳されており、
    海外でのすき焼きの関心の高さがうかがえます。

    関連動画にもこの方が作る他の料理の作り方動画がたくさんあり、
    それらも海外の反響は非常に大きいようです。


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応

    ■ どこであんな薄い肉を見つけられるの? 肉の種類は何?  アメリカ

     ■ re:ありがとう! ウクライナでは豆腐はほとんど見つからないんだ:(  ウクライナ

    ■ 牛肉の代わりにチキンにできるかな? アリガト:)  サウジアラビア

    ■ 犬ができるほど簡単だって?!?? お願いだから人間が料理していると言ってくれ!!  スウェーデン

    【【海外の反応・すき焼き】私は25年前日本に住んでいて、いまあのすばらしい食べ物がなくて寂しく思ってます。日本の料理は一番です:)・・・すき焼きの作り方動画を見た海外の反応】の続きを読む

    日本の普通の奥さんが、普通のカレーを作る動画を見た海外の反応です。

    コメントを見る限り世界各地でもカレーは存在するようですが、
    普段私たちが食べているカレーはインド人を含め、世界からは日本式カレー(日式カレー)として見られているようです。

    トマトを入れるところはちょっと珍しいかもしれませんが、
    その他の点は本当に普通。

    でも外国人の目には、特別なもののように映ったようです。

    野菜をたくさん使うこのカレー、
    アメリカを含め、低カロリーっぽいイメージがあるのでしょうか?
    カロリーを気にするコメントがちらほら書いてあって笑えました(笑)


    それと、野菜が大きいことにも驚いたようす。
    おそらく投稿主も大きいものを選んで買ってきたと思うのですが、それにしても大きい・・・。

    日本の野菜は海外から見れば超一流品質のものしか出荷されないので、
    大きさが揃っていたりまっすぐな物しかなかったり、
    傷が全然なかったり、
    こういうだけでも外国人は凄く驚くようで、
    そういった海外の反応に私たちが逆に驚きますね。


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 日本のカレーの作り方を教えてくれてありがとう!日本のカレー、おいしいから大好き! マレーシア

    ■ カレールーはアメリカで買える? アメリカ

    ■ すごい!おいしい。大好き。自分で作って家族に振る舞いました。アップロードありがとう。タイのグリーンカレーより、カロリーが低いんじゃないかと思う。 タイ

    【【海外の反応・日本のカレー】何てこった、あんなに大きな野菜の塊をたくさん入れるんだ・・・日本のカレーレシピ動画を見た海外の反応】の続きを読む

    海外での反響が大きい動画を紹介している当サイトで今回紹介するのは、
    日本の回転寿司にものすごい技術とテクノロジーが詰まっていることを紹介した動画です。

    海外の反応として、外国人の方がとりわけ注目しているのは、
    それぞれ席に設けられた注文モニターです。

    希望のオーダーをモニターから入力、その後「まもなく商品が到着します」というインフォメーションとともに、席に座っている人が自分の注文したものだとわかりやすいように、お皿に目印がしてあります。

    この一連のオートメーション化された注文システムが、驚きをもって伝えられています。

    すしという生モノは鮮度が重要なので、おそらくこのように完全に自動化して管理した方が最も効率がよいのだろうなとは思いますが、外国人から見るととんでもないハイテクに見えるようです。


    動画


    以下、この動画に対する海外の反応


    ■真ん中のピースタコというボール状のものは何ですか?日本のスナックかな? インドネシア

     ■re:あれはタコ焼きというものです 日本

    ■日本語がわからないから特別な注文のモニターを英語にしてほしいな アメリカ

    自動車工場のオートメーションみたいですね インド

    【【海外の反応・回転ずし】1950年代から日本は何でも自動化し始めやがった・・・日本の回転ずしを見た海外の反応】の続きを読む

    古くから受け継がれてきた、日本の伝統的料理のひとつ「お餅」。
    お餅は昔から臼と杵を用いてペッタンペッタンと作られてきました。
    お雑煮、焼き餅、だんご、あられ、アイスと、さまざまに調理されて食べられています。

    しかし近頃ではお餅製造機によって、ほとんどのお餅が製造されるようになっています。
    このお餅製造機とお餅の存在自体は、外国人にとってはたいへん奇妙なものとして認識されているようです。

    海外では買うのが難しそうな事がコメントからも見てとれますが、
    日本ではかなり安く買えるようですね。
    餅つき機

    さておき、youtubeからお餅製造機の動画に対する海外の反応をまとめました。


    動画



    ■クール!私は餅が何であったかを知っていた アメリカ

    この魔術は何なんだ アメリカ

    私はこれをどうやって食べるのか見当がつかない カザフスタン

    魔人ブウw カナダ

    【【海外の反応・家電】この魔術はなんぞ?・・・日本の餅つき機を見た海外の反応】の続きを読む

    日本で寿司店に行く時のマナーを、外国人に教える動画……に見せかけた、ラーメンズのギャグ。

    動画開始12秒で既に間違っています(笑)
    この動画で説明されているマナー(?)の八割方は間違っているか必要ありません。

    ここまで大げさに間違っていると、本気にする外国人もあまりいないとは思いますが……


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 寿司を食べるのは楽しいね。興味深い動画だ。 アメリカ

    ■ ハハハ。私はお寿司を箸で食べるよ。 ドイツ

    ■ こっちの寿司屋では店の外に塩が持ってあるの、見たことないよ。しかし寿司屋では、サムライ風にやらなきゃいけないんだね。 アメリカ

    【【海外の反応・すし】ちくしょう!日本人はパンダの寿司を食べるとか、店の外で塩をなめるとか、人に言っちまったよ・・・寿司屋に対する日本人向けのジョーク動画を見た海外の反応】の続きを読む

    北海道のおすし屋さん「旬楽」の板前さんが、だし巻き卵を作っている様子が流れている動画です。
    概要にはレシピもあります。
    軽やかな音楽をバックに、手際よく卵とだしを混ぜて、四角いフライパンを使って鮮やかに巻いていく様はさすがの腕前です。おいしそう。
    職人さんが作っているとは言っても作り方は日本の一般家庭で作られるたまご焼と同じです。

    日本人には馴染み深いたまご焼の作り方ですが、
    外国人の眼には特別に映るようで海外から多くのコメントが寄せられています。

    なにをして彼らをして動画に興味を持たせるのか不思議です。

    動画



    以下、この動画に対する海外の反応

    すごいキレイ 私にはたまごを落とさないであんな風には巻けないわ 女 チリ

    ■料理の芸術だね 男 ブラジル

    ■四角いフライパンが必要だ 男 アメリカ

    【【海外の反応・料理】片手で玉子を割ってたぞ!・・・日本の職人が作る厚焼き卵を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ