海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    海上自衛隊

    今回は新明和工業が製造した、海上自衛隊の救難飛行艇US-2の解説動画を見た海外の反応です。
    通常の飛行機では不可能な時速100km弱という低速飛行を実現しています。

    他の船の影になってしまって、着水の瞬間がわかりづらいものの、
    飛行→着水→離水の一連の流れが収められており、
    大きな機体が水しぶきを上げながら着水・離水する様子は圧巻のひとこと。

    遭難者救助や、小笠原諸島からの患者輸送にも活躍していると、
    動画中の音声で説明されています。
    この出来事は2013年でしたので記憶にも新しいかと思いますが、
    太平洋で辛坊治郎氏を救助したのもこのUS-2でした。

    海外コメントでは、中国人らしき人が(またw)日本の技術をけなすコメントをしたために、
    激しい応酬が繰り広げられています。

    US-2はインドへの輸出が検討されていますが、
    それによって、日本とインドが連携すること、
    インドと対立するパキスタンを支援する中国が危惧しているという構図が見てとれます。

    もともと、パキスタンとインドとの間では対立感情があるようですが、
    中国の存在がより争いを激化させている様子がコメントから伝わってきます。

    しかし、おおむね、中東からの日本の技術力への評価は高いようです。
    日本のUS-2輸出の展望は明るいと言ってもよいのではないでしょうか。

    Japan to Sell ShinMaywa US-2 Amphibious Planes to Indian Navy

    以下、この動画を見た海外の反応

    ■ 素晴らしい。 インド

    ■ 日本の技術は中国の技術と比べて遥かに劣っているよ。だから、この件に関してパキスタン人が頭を悩ます必要は無いね。インド人よ、中国がパキスタンの一番の友好国だということを覚えておけ。絶対に忘れるなよ。 中国(?)

    ■ はいはい、分かったよ。インド人を殺すのはやめてくれよな。 国籍不明


    【ナイスな工学技術だね・・・日本の飛行艇・新明和US-2を見た海外の反応】の続きを読む

    近年では、尖閣諸島を巡る日中関係の悪化により、アジア情勢の緊張は日に日に高まりつつあります。
    いかに平和憲法を掲げる日本といえども、
    自国を防衛するためには軍事力の強化は避けられない状況と言えます。

    本動画は、日本の海上自衛隊に配備されている護衛艦を紹介するスライドショーです。
    ひゅうが型やましゅう型など、様々な艦隊の外観やスペックが分かりやすくまとめられています
    (英語ですがw)

    日本の海上自衛隊の能力は世界でもトップクラスを誇っており、
    海上自衛隊の護衛艦を賞賛する意見が多く寄せられています。

    しかしやはり世相を反映してか、日本を罵倒するコメントや
    中国を非難するコメントなどの応酬でコメント欄が荒れていました(笑)


    動画  携帯用動画

    List of active Japanese Navy ships 2012

    以下、この動画に対する海外の反応

    ■ 小日本の海軍もなかなか軍事力が充実しているようですね。  しかし、所詮はかりそめ。  日本経済の成長は止まり、あと10年も経てば中国のGDPは日本の2~3倍にも達するでしょう。  中国には第5世代戦闘機を搭載した052型イージス艦のような空母艦隊を開発する能力があります。  もはや日本の終焉は不可避。  空軍、陸軍、中国人民解放軍第二砲兵部隊など、我々は圧倒的な戦力を有しています。 さらには、小日本に投下する水爆や原爆の準備も万全です! 中国

    ■ 「歴史は繰り返す」ということわざもあるように、日本なら利己的な中国を征服できるでしょう。 +5 フィリピン

    ■ 近年の中国はCPI(消費者物価指数)よりもGDPの成長が著しく、インフレ率は低水準を維持していると言われています。  対潜水艦機能を実装した対空秋月型駆逐艦は052Dより遥かに優れているでしょう。  F35に加え、第5世代戦闘機として日本は新エンジンを搭載した心神を開発しています。  中国は飛行用にロシアのエンジンを使用しています。 台湾 


    【アメリカと日本の軍事力は危険だ・・・日本の護衛艦動画を見た海外の反応】の続きを読む

    今回は日本の海上自衛隊が保有する「ヘリコプター搭載型護衛艦」
    DDH181ひゅうが型護衛艦を見た海外の反応です。

    現在では世界各国の海軍が航空母艦を保有していますが、
    世界で初めて航空母艦を完成させて実戦投入したのは日本でした。

    1922年(大正11年)世界初の航空母艦「鳳翔」が製造されましたが、
    最初から空母として設計・建造されたのはこれが世界初とのことです。
    以後、日本では様々な空母が開発・運用されてきました。


    今回の主題であるひゅうがは空母ではなく「ヘリコプター搭載型護衛艦」ですが、
    海外では軽空母のように見られている場合もあるようです。

    応用範囲が広く様々な活躍が期待されるひゅうが型護衛艦ですが、
    この艦が作られた大きな目的はやはり国防のためでしょう。
    ひゅうが型護衛艦は敵国の、特に潜水艦を探しだすのに強みがあり、
    対潜哨戒機などと合わせて運用することで、優れた防衛力を発揮できるとのことです。

    TVではイージス艦が大きく報道されるので国内ではあまり注目されないこの艦ですが、
    アメリカを除く世界各国の軽空母の一部と比べて大きい場合もあり、
    海外ではどう化けるか分からないといった感じでかなり注目されているようです。


    本動画で紹介されているヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」を第一護衛隊に配備しています。
    全長197m、最大速力30ノット、12.7mm機関銃や対空・対水上レーダーを持ち、
    最大11機までのヘリコプターを搭載できる見事なスペックを備えています。
    (甲板での同時運用数は最大4機)
    分かりづらいので一応追記させていただきました、教えて下さった方ありがとうございます!

    多くの外国人が「ひゅうが」を見て、独自の軍事論を展開しています。
    日本の軍事力に期待を寄せる者、武装化に対して懸念を抱く者、実に様々です。
    彼らの興味深いコメントの数々を見てみましょう。


    動画   携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 日本の開拓技術を再び見ることが出来てうれしいよ。若宮と鳳翔の後継艦に対して敬意を払いたいね。 +13 イギリス

     ■ re:ほとんどの日本人は鳳翔が世界初の空母であることさえ知らないのに、よくご存知ですね。 でも、もともとの造船技術はあなたの母国であるイギリス海軍から継承されたものなんですけどね。 あなたのコメントを拝見できてとても良かったです。 +2 国籍不明

      ■ re:鳳翔は根底から空母として建造された初の航空母艦だったと思うよ。 加賀みたいに、ほとんどの空母は最初は戦艦として建造されて、船体が起工された後に空母に変換されるものさ。 アメリカ

    【この空母は平和維持活動に役立つだろうね・・・日本のひゅうが型護衛艦を見た海外の反応】の続きを読む

    少し前に日本のAIP潜水艦の技術をオーストラリア海軍が導入する可能性がある、
    という記事が発表されましたが、それに対する海外の反応です。

    海洋国家であるオーストラリアは国防のため、すぐれた性能を持つ
    日本の通常動力型潜水艦の技術に関心を寄せています。
    続々と新型潜水艦を配備する周辺国の脅威に対抗するべく、
    次期新型潜水艦を開発することは必然となっています。

    オーストラリアでは既にコリンズ級潜水艦が6隻配備されていますが、
    この潜水艦はいろいろと問題点が多いため、オーストラリアのメディアから批判されています。
    そこで、これに代わる潜水艦を用意し、順次入れ替えていきたい考えであり、
    日本の潜水艦の導入も検討したいようです。

    しかし、海外でも知られている通り、日本は武器の輸出を自ら禁じています。
    動画ではオーストアリア海軍の担当が旧型の潜水艦(コリンズ級潜水艦)では
    戦力やその他において物足りなく、オーストラリアの長い海岸線を守るには
    配備数も不足しているとの説明をしているようです。


    それでは海外の反応(主にオーストラリア)を見てみましょう。


    動画 携帯用動画




    以下、この動画に対する海外の反応


     ■ 米国と日本政府のあいだでいろいろな見解がありますが、原子力潜水艦の導入は自然の成り行きでしょう。 ニュージーランド

    ■ コリンズ級は燃料食い過ぎなんだよ! アメリカ

    ■ 一昔前の技術なんかはやく捨ててしまえばいいのに オーストラリア

    【【海外の反応】コリンズ級は燃料食い過ぎなんだよ!・・・日本のそうりゅう型潜水艦技術をオーストラリアが導入する可能性?の記事で議論】の続きを読む

    日本の自衛隊に関する動画を見た海外の反応です。

    島国ということもありながら、海での戦力には海外でもかなりの評価があります。
    3・11の震災の時も自衛隊の船がどこの国の船よりも早くて
    海外の方は驚きを隠せなかったそうです。
    戦争こそ現在行っていませんが、日本の保有している技術は今でも世界に通用します。

    動画のコメントも日本を応援するコメントや、
    自衛隊について深く語る海外の方が多く見られます。

    今でこそ、戦闘機を劣化させたようなものを無理矢理購入させられている状態ですが、
    日本が独自に開発するとなると、世界から大ブーイングが来そうです。
    そのくらい、日本の科学技術・軍事技術は今でも恐れられています。

    様々な方面で活躍する日本の自衛隊を存分に楽しめる動画です。

    動画

     
    以下、この動画に対する海外の反応


    中国はクソだ、行け、日本。日本バンザイ!+22 スウェーデン

    ■日本は中国や北朝鮮にそろそろ反撃してもいいと思うの マレーシア

    ■日本はロックだなぁ。中国潰せ! アメリカ

    同盟国のアメリカとしても尊敬できるのが日本だよ アメリカ

    【【海外の反応・自衛隊】10式戦車を導入したけど、日本はどんどん進化していきそうで怖い・・・日本の自衛隊の紹介動画を見た海外の反応】の続きを読む

    アジアでの軍事拡大が騒がれる中で、日本のヘリコプター搭載型護衛艦のシリーズがお披露目されました。
    これはヘリコプター搭載型護衛艦DDH-181 ひゅうが が一般に公開された時の動画です。

    2009 年 8 月の横浜港開港 150 周年との連携で公開されました。
    このビデオは、護衛艦内部のクイック ツアーのビデオです。

    内部は非常にきれいに整備されていて、おそらく毎日船の端から端まで隅々海上自衛官たちによって掃除されていることがうかがえます。

    母艦に装備されているガトリング砲の動きが再現されているのですが、非常にリアリティがありいつでも発射可能であるということが感じられるためとても刺激的です。

    ビデオには船の大きさが把握できるアングルからの撮影はありませんが、相当大きな母艦であり、全長197m、乗員約340~360名となっており、海上自衛隊の中でも相当大きな部類に入ります。

    その特性上からか、海外では軽空母のような感じで見ている人もいるようです。


    動画


    以下、この動画に対する海外の反応


    甲板が高っけぇなw +45 アメリカ

    ■なんか変な音したけど壊れたんじゃね? アメリカ

    アメリカの戦艦が世界でナンバーワンだぜ! アメリカ

    【【海外の反応・ひゅうが型護衛艦】これがあれば日本も安心だろ・・・日本の護衛艦一般公開の動画を見た海外の反応】の続きを読む

    日本の海上自衛隊の保有する護衛艦のデータがこのビデオには納められています。
    ミリタリー雑誌などで少ししか 見たことがなかったのですが、その種類は非常に多く、一隻一隻に特徴的な日本的な名前がつけられており個性 があるのだな、ということを実感するとともに、数が非常に多いなあという印象を受けました。

    一瞬見ただけで はどれもこれもおなじという感じなのです(外観がすべてグレーで、通信機器を船上に掲げ、かつ鉄の塊のよう なフォルムなので)。
    これがものすごいスピードを出して動くなんてとても想像がつきません。

    ただこれらが日本の海を守り、自分たちの生活を守ってくれているのは事実です。
    日本は軍隊を所有していないと言っていますが、世界で2位や3位を争う海軍力を持ち、特に潜水艦については評価が非常に高く、海外では軍隊と同じように考えられています。
    その一部を見た海外のコメントを見てみましょう。

    動画


    以下、この動画に対する海外の反応


    ■日本、中国、韓国とこれだけ近い距離に軍事大国が隣り合ってけん制している…見えない緊張関係だな アメリカ

    こんな戦艦を日本がもっているなんて知らなかった! アメリカ

    宇宙戦艦ヤマトだっけ?そんな感じ イギリス

    【【海外の反応・海上自衛隊】日本人は恵まれているかもしれない。これだけの戦力をもちながら、なお平和な世界に生きているから・・・日本の海上自衛隊の動画を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ