海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    開発中のもの

    今回は、日本の防衛相が三菱重工業を主契約企業として開発を進めている
    ATD-X(Advanced Technological Demonstrator-X)「心神」の紹介動画を見た海外の反応です。

    一見今すぐ戦地に配備できそうな完成度の戦闘機に見えますが、
    「心の神」という名称が示すように、あくまで偶像的存在の実証機に過ぎません。

    心神という名称もプロジェクト初期に名づけられた非公式のものであり、
    心神そのものが自衛隊に導入されるわけではありません。

    しかし、全方位最大8箇所までの同時攻撃能力、失速領域での安定した機体制御力、
    そして敵のレーダー探知を回避するステルス機能まで備えており、
    純国産次世代戦闘機用の先進技術実証機として軍事関係者から高く注目されています。

    また、軍需産業には長期に渡る日本のデフレ脱却への期待も込められています。
    外国人にとっても日本初のステルス戦闘機に対して関心が高いらしく、
    多くの軍事マニアが心神の映像を見て思い思いのコメントを投稿しています。

    専門家並の見識を備えた彼らの目に心神がどのように映ったのか見ていきましょう。


    動画  携帯用動画
    shinshin 【ATD-X 心神】
     
    (この動画の日本語コメントも参考になりますよ!)


    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ F-15とF-22を合体させたような形状だね…。 でもすごく神々しい戦闘機だよ~。 台湾

    ■ てめーら日本人にステルス戦闘機なんてモンは必要ねーよ…。 お前らに必要なのは「神風」だろうが!  バwwwンwwwザwwwイwww カナダ

    ■ こんな物、日本人お得意の見世物に決まってる。 第4世代戦闘機すら満足に作れない日本人ごときがどうして第5世代戦闘機を作れるっつーんだ? F-35を恵んでほしいんなら、アメリカに対してシッポを振っていい子でいるこったな。 ニュージーランド

     ■ re:彼らの技術なら十分可能ですよ。 あとは研究開発の問題ですね。 どちらかと言えば、機体に搭載するエンジンとコーティング用のステルス技術はアメリカを見習ってもらいたいなぁとは思いますけどね。 アメリカ

    【心神「シンシン」って、雪の降る音を意味してるらしいね・・・日本の心神を見た海外の反応】の続きを読む

    日本のステルス戦闘機「心神(しんしん)」開発計画に注目している外国人の反応です

    数々のテクノロジーを高いレベルで保持する日本の技術ですが、
    戦闘機開発はまだまだ世界から遅れていると言われています。
    そんな日本が独自で開発しているステルス実証機「心神(しんしん)」について、
    海外でも大きな関心があるようです。

    今回はステルス実証機「心神(しんしん)」の動画を見た海外の反応を翻訳し、まとめてみました。


    SF系の映画やアニメの中で、しばしば「ステルス」という言葉が登場します。
    簡単に言えば、特定の物体をレーダーなどのセンサーに探知されにくくする技術のことです。

    相手に悟られることなく敵地に接近するのは戦闘機にとって理想的な性能と言えます。
    いかにもフィクションのネタっぽく聞こえますが、実はステルスは実在の軍事戦闘機にも活用されている技術で、第二次世界大戦頃から世界各国で開発が進められています。

    ステルス戦闘機の技術に関しては、軍事大国であるアメリカが最も秀でており、他国の追随を許していません。
    日本は次世代戦闘機としてステルス機能を搭載した機体をアメリカから購入する予定でしたが、
    軍事機密防衛のためにアメリカは最新鋭のステルス機の輸出を見送ってしまいました。

    そこで日本でも独自のステルス戦闘機を開発する計画が本格的に浮上してきたのです。

    この動画では日本語で説明されていますが、海外でも関心が高いようで、英語の字幕まで付けられています。
    日本人にもぜひ見てほしい動画の一つですが、海外ではどのような反応をしているのでしょうか?


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ めっちゃかっけー戦闘機やん。 マクロスゼロに出てくるSV-51にちょっと似てるかな……まぁ、近い将来航空ショーかなんかでお目にかかりたいもんだぜ 国籍不明

     ■ re:オレもそう思ったよ。 ^^  ちなみに、SV-51機のデザインはSu-27を参考にしてるらしいよ。 アメリカ

    ■ 日本人がステルス不要の重ミサイル回避機能付き戦闘機を開発してくんねぇかな~。  マクロスシリーズのアニメ見たことあんだろ? マレーシア

    【【海外の反応・心神】スカウターは戦闘力9,000以上を示しているぞ!!!・・・日本のステルス実証機「心神(しんしん)」開発動画を見た海外の反応】の続きを読む

    日本の無人機(UAV)の技術に目を見張る外国人の反応です
    これは、東京で開催された軍事技術シンポジウムで、日本の無人機(UAV)が公開されている様子です。

    無人偵察機と言えば、飛行機のような形をイメージするかと思いますが、これは全く異なります。
    バスケットボールよりもふたまわりほど大きな丸く黒いケージの中に8枚のプロペラが収納され、ラジコン飛行機のように飛んでいます。

    見ただけではこんなの飛ぶの?と思ってしまいますが、上下左右、ラジコンなんかより安定してとても軽やかに動きますね。しかもこの形ならぶつかって落ちても壊れることが無さそう。

    この飛行体の特徴は、床を転がっていくことも可能なところです。
    しかし、丸くてなんだかかわいいですね。SFアニメや映画に出てきそうな形だと思います。

    現在は使われてないようですが、将来自衛隊で使用する計画があるようです。その場合、小型カメラを装着して、Unmanned Aerial Vehicle (無人偵察機)として活躍しそうですね。

    参考ニュース http://www.gizmodo.jp/2010/11/post_7974.html



    この球体の正体は、防衛省技術研究本部が開発した世界初の小型球形飛行体。
    まだ実験段階ということでしたが、実用化されれば、軍事偵察や、災害時に
    人が入れない建物の中などに入り救援活動の補助を行うことができるなど、さまざまな役割が期待されています。

    60km/hのスピードで飛ぶ事が可能で、 小回りのきく飛行性能をもち、風の抵抗をほとんど受けないように設計されているとのこと。
    また、プロペラが機体内部に収まっているので、他のものにぶつかっても壊れにくいのが特徴です。

    そしてもっとも驚きなのは、この開発に要した部品はすべて秋葉原で購入とのこと。
    たった11万円の費用で、軍事利用できる可能性を持つ機械を生み出すなんて、日本の技術はスゴイと言わざるを得ませんね・・・。


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ おそらく15年後には、銃やランチャーをこれに取り付けて無人兵器をつくるんじゃないか? -2 アメリカ

     ■ re:15年くらい?3カ月前にもう見たような・・・  アメリカ
    (※アメリカではUAVに機銃を取り付けるタイプのものが既にあります)

    ■ これは最悪の敵だな。対策法は梯子とバットで叩き落とすしかない。 アメリカ

    ■ 銃やロケットを搭載したら、恐ろしいことになる。兵士をこれで一掃することもできるし、コンピューター制御ならば攻撃に対する回避も容易なはずだから。 +2 アメリカ

    ■ 小型飛行兵器になり、警告なしに空から爆弾を投下する…これが何千の単位で空に浮かんでいる光景が目に浮かぶ。-3 アメリカ

    【【海外の反応・無人偵察機】日本人の技術は150年前は原始的だったのに、今では他国を遥かに凌駕している・・・日本の無人偵察機を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ