海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    変態(HENTAI)

    皆さんも一度は見た事があると思いますが、
    TOTOのトイレのCMを見た海外の反応をご紹介いたします。

    説明するまでもないと思いますが、このCMは、
    世界でも有名なトイレメーカーである日本のTOTOと、
    サッカーくじのtotoによる共同キャンペーンという事で作られました。

    海外でも驚く方が多いのですが、
    私たちから見てもなにこれ(笑)という感じです。
    売り文句(?) は、 「S.G.T.K(スーパー・グレート・トイレ・キーパー)」 らしいです。

    動画中の説明によると、

    「毎秒250コマのハイスピードカメラ2台を用いて独自開発した技術でモーション解析し
     0,1秒以内にボールの到達点を立体で予測
     超高速モーターによって0,1秒でS.G.T.Kを傾け
     ギャジット社製の強力バネでボールを射出する
     これは160kmのシュートでも、対応できる処理能力である」

    ・・・らしいです。
    何という無駄なハイスペック・・・。

    ちなみに、これは宣伝用で製造や販売は行なっていないとのことです。
    お、おう・・・

    さて、海外の反応はどういったものでしょうか?


    動画   携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ こりゃすごい! イギリス

    ■ このトイレを使う時は、あの機能が停止しているかどうか確認しないとね。 国籍不明

    ■ お!日本のマラドーナ・久保だよ。引退したけど、今もかっこいいね。 国籍不明

    ■ 日本のトイレ技術が、また一歩進んだ(トイレに見えるだけで実際は違うってことは知ってるけどねw) アメリカ
    【【海外の反応】また日本人か・・・日本のあのトイレを見た海外の反応】の続きを読む

    ついに2次元に入れる時が来たのか!?

    サイバーノイズが開発した「Live2D」は、2Dによる立体表現を可能にした世界初の描画技術です。

    これは2Dによる立体表現を可能にする世界初の描画技術「Live2D」の紹介動画です。
    日本は3Dなどの技術は海外に劣っているように思えますが、Cool Japanは3Dに特化するのではなく2Dを立体的に見せる技術を開発しているのです。

    流石アニメゲームの国。しかしこれも動画を見てわかるとおり、見た目は完全に絵なのですが、全く違和感なく立体的に顔や目が動いています。

    この技術は世界初の描画技術でありながら、既に最近のアニメゲームでは使われている技術のようで、海外でも高く評価されています。
    いかにも日本らしい科学技術だと思います(笑)


    通常の3DCGモデリングソフトでイラストから3Dをモデリングするとイラストならではの魅力が変質していってしまい、別物になってしまいがちなのですが、「Live2D」は完全に2次元のままで立体的にぐるっと動かせるというようなものを追求しているそうです。

    Shade等の3DCGモデリングソフトとは違う、フォトショプやsai等のドロー系ソフトを使って絵を描いている方にも比較的扱いやすそうな技術ですね。

    映像は、平面イラストの女の子が画面に触れた指を追う様子が映されています。

    アニメーションとはまた違う不思議な世界。
    生き生きと動くイラストに、外国人から喜びと驚きの声が沢山あがっていました。


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 日本では新技術のテストや展示にはまず女子高生を使うのが決まりのようだな…… +109  スウェーデン王国

    ■ すげえ。ビジュアルノベルが捗りそうだな! オーストラリア

    ■ アニメっぽい絵柄のゲームにあいそうだな……イイネ! アメリカ合衆国

    【【海外の反応・変態(HENTAI)】こんな凄い技術を変態向けゲームに使っちゃうわけ???・・・日本の3DCGモデリングソフトを見た海外の反応 】の続きを読む

    このページのトップヘ