海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    忍者

    映画『ラストサムライ』の一場面を見た海外の反応です。
    この映画のストーリーを簡単に書きますと、
    明治維新直後の日本で政治や軍事の西洋化を強引に推し進めようとし、
    前時代的な侍たちを排除しようする政府と、
    武士道と「古き良き日本」の伝統を守ろうとする一派が戦うというものです。

    あくまでも大ざっぱに言えば西南戦争に構図が似ていますが、基本的にフィクションです。
     この動画はその勝元(渡辺謙)率いる一派がお祭りを楽しんでいる時、
    政府の差し向けた忍者軍団が勝元らを暗殺しようとする場面です。

    一人白人がいますが、この人はトム・クルーズ演じるアメリカ人将校で、
    元々は日本政府に雇われていながら勝元一派に共鳴し、行動を共にしている人物です。

    この映画はハリウッド映画にしては日本の時代考証を頑張っていて、
    全体的にリアリティがある半面、
    実在の忍者とは違う、主に外国人による想像で作られたと思われる
    一部のイメージが誇張された姿の忍者軍団が登場するなど、
    日本人から見た場合は少々(かなり?)不自然に見えます。
    ことが特徴。
    それにしては忍者という、
    漫画や映画で誇張されたいわば架空の存在が出てくることが少々(かなり?)不自然です。
    誤解を招く表現で申し訳ありませんでした、修正させていただきました。
    コメント欄にてご指摘くださった方々ありがとうございます!


    これについてwikiによれば、監督はじめアメリカ人スタッフの
    「間違っているのは解っているが、どうしてもニンジャを撮りたい」
    という要望があったと書いてあります。

    海外での忍者人気と、その集客のアピール度が分かるエピソードですね。
    海外からのコメントでも興味は忍者と侍に集中し、完全に 「忍者・侍論争」 になっています(笑)

    どうやら、忍者びいきの人の方が多いようです。


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 刀を使った闘いなら、侍の方がずっと強いだろ。 アメリカ

    ■ 「ラストサムライ」っていうタイトルの映画だから、侍が勝っただけだよ。だけど普通は忍者が勝つよ。 オーストラリア

    ■ 本当は忍者は大したことなくて、サムライはバッタバッタと切り倒すだろうね。 オーストラリア

    ■ 忍者ってのは変装しただけの侍だよ。だからどっちにしても「侍が勝つ」ということに変わりはない。 オーストラリア

    【忍者は闘いよりスパイの方が得意だったはず・・・映画「ラストサムライ」侍vs忍者 部分を見た海外の反応】の続きを読む

    Amazing Japanese Precision (驚くべき日本の精密度)

    日本体育大学の生徒さん達による体育研究発表実演会での人気実演“集団行動”の模様を納めた動画です。『Amazing Japanese Precision』のタイトル通り、驚くほど正確な動きに海外の人たちからは1万件を超える感嘆のコメントが挙がっています。

    ちなみに、この実演のメンバーに選ばれるためにはオーディションがあるんだそうです。

    自分から見てもものすごい綺麗で、極めるとここまでなるのか・・・といった感じですね。

    日本でも話題になったこの動画ですが、海外でも大きな反響を呼んでいるようです。



    動画


    以下、この動画に対する海外の反応 です


    ■ こいつら、本当はリアルに出来たロボットなんだよ。アメリカ

    ■ 1分52秒:もうすぐ乱れる!もうすぐ乱れる!! 2分04秒:よーし、今に乱れるって、絶対に! 2分08 秒: マジかよぉぉぉぉ???    ギリシャ +33

    ■ すっごい!この子達、イギリス軍隊からレッスン受けたに違いないわ! イギリス

    ■ 日本人、恐るべし。 アメリカ

    【【海外の反応・日本体育大学】こうやって東京の交差点を渡る訓練をしてるってわけだ・・・日本の集団行動実演動画を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ