海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    戦艦

    今回は、第二次世界大戦中に製造された数々の戦艦および巡洋戦艦を、
    「大きさ」や「最大速度」、「砲撃性能」などの観点からランク付けした動画を見た海外の反応です。

    この動画には、各戦艦の外観写真のみならず、正確なスペックまで掲載されています。


    その結果、トップ10は以下のようなランクになったようです。

    1.大和(日本)
    2.アイオワ(アメリカ)
    3.扶桑(日本)
    4.ビスマルク(ドイツ)
    5.金剛(日本)
    6.アドミラル・グラーフ・シュペー(ドイツ)
    7.ローマ(イタリア)
    8.テネシー級戦艦(アメリカ)
    9.ジャン・バール(フランス)
    10.フッド(イギリス)

    この結果に対し、視聴者の間で賛否の声が巻き起こっています。

    「妥当だ」とみなす者もいれば、「自国の戦艦こそ最強」と主張する
    愛国心の強い外国人も見受けられます。

    それでは、こだわりのある軍事マニアならではの熱い意見の応酬をご覧ください。


    動画 携帯用動画




    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ ビスマルクこそナンバー1だ。 ドイツ

    ■ 確かに戦艦大和は最強だよ。  でも最終的には沈んじまったじゃないか。  その点、アイオワは沈まなかった。  だからアイオワこそナンバー1に相応しいんだ! ハンガリー

    ■ アイオワなんぞクソだ。  ビスマルクこそ神。おお、アドルフ・ヒトラー総統万歳! アメリカ

       ■ re:くたばれ、ナチ公。 アメリカ

    【【海外の反応】「ビスマルクこそナンバー1だ」 「いいや、大和が最高だね」・・・戦艦ランキング動画を見た海外の反応】の続きを読む

    今も語り継がれる伝説の戦艦、戦艦大和について紹介されている
    ドキュメンタリービデオを見た海外の反応です。

    戦艦大和の詳細について少しだけ説明しますと、
    大和は大日本帝国海軍が建造した史上最大の戦艦、大和型戦艦の一番艦です。

    1937年に起工され40年に進水、翌41年に就役後、
    1945年4月7日、天一号作戦において米軍機動部隊の猛攻撃を受け、坊ノ岬沖で撃沈。

    建造費は1936年当時の試算で1億3600万円、
    今の貨幣価値に換算すれば1兆円以上(修正しました)かかって作られ、
    まさに日本の命運を握っていた戦艦であったと言えるでしょう。

    この戦艦大和の沈没を契機とし、連合艦隊は2度と出撃することはなく、
    これが日本軍の敗戦を象徴する出来事であったという史実が残っています。

    ビデオの中では戦艦大和の誕生からその任務、沈没、
    そして今現在、長崎県沖に静かに眠っている姿が収められています。

    こういった戦艦などの建造技術は、戦後日本の経済の基盤となりました。
    戦艦大和の主砲ターンテーブル技術は、
    ホテルニューオータニ回転展望レストラン「THE sky」に応用されている
    という話は有名ですね。

    それ以外にも、軍事産業から派生した技術産業で戦後の日本は発展し、
    世界第2位の経済大国となったのは皆さんも知っての通りです。
    (中国は粉飾決済国家なので実際は世界第3位以下でしょう、
     日本は世界中に莫大な資産もありますし)

    ともあれ、70年ほど前の無いモノづくしだった時代にこのような物を作り上げた
    日本人の工夫と努力は素晴らしいと思います。


    動画


    以下、この動画と関連動画に対しての海外の反応


    ヤマトは日本の戦争における失望の象徴だったと聞きます アメリカ +12

    戦艦ビスマルクよりもずっと大きかった大和が沈んだのは、おびただしい数の攻撃を受けたからだろう +5 イギリス

    ■大和に使われていた金属はあまりよくないものだったと聞きたぞ アメリカ
    【【海外の反応・戦艦大和】結局この船が無ければ、良い意味でも悪い意味でも今の日本は無かったはずだ・・・静かに眠る戦艦大和を見た海外の反応】の続きを読む

    第二次世界大戦当時の大日本帝国海軍戦艦の画像を集めた映像を見た海外の反応です。
    戦艦と言われても、そもそも戦争というものから、
    遠ざかっている日本人にとってはよくわからないものです。

    しかし、荘厳な曲とともに次々現れる日本の戦艦を見ていると、
    その迫力や重厚感に見入ってしまいます。
    海外の人は日本人よりはるかに軍事に詳しく、興味を持っているようで、
    特に戦艦のデザインに関して海外からも称賛の声が上がっています。

    関連動画でも盛り上がっているあたりを見ると、海外の反響の大きさがうかがえます。
    思った以上に、日本の軍事技術は海外から高く評価されているようで、驚かされます。

    また、戦争の解釈に関しても、国によって異なるようで、
    勉強になると同時に、日本人はもう少し軍事に詳しくなるべきなのかなと反省させられます。


    動画


    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 素晴らしい動画だ。今まで見たことの無い画像がけっこうあるぞ。  アメリカ

    ■ 第二次世界大戦で使われた戦艦の中でも、日本の戦艦は最高だよ。挿入されているBGMも本当に良いよ。 クロアチア

    ■ 私は戦艦大和を日本海軍のタイタニックと呼んでいる。なぜなら、あの船の最後はあまりにもドラマとサスペンスに満ちているからさ。 アメリカ

    【【海外の反応・大日本帝国海軍】ドイツと日本の戦艦は世界最高さ・・・第二次世界大戦時の日本の戦艦スライドショー動画を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ