海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    日本のCM

    日本のCMに出演した外国人スターを見た海外の反応です。

    日本のCMに、ハリウッドのスターは数多く登場します。
    しかし必ずしもかっこいい姿ばかりではなく、
    結構笑われるような使い方をしているCMも多いですよね。

    そういう姿を彼らの本国のアメリカやヨーロッパの人々に見せたら、
    果たしてどう思うのか?というのは、興味深いところ。
    最近ではブルース・ウィリスの 「ミラいいす?」 がありましたし、
    ジャン・レノがなぜかドラえもんになったりしていますね。

    しかし何と言っても代表格は、缶コーヒー・ボスのトミー・リー・ジョーンズでしょう。
    「渋い」「いかつい」「生真面目」といった印象はそのままですが、
    ファストフードの店員をやったり、工事現場で警備員をしたり、
    彼のイメージからすると 「絶対ないだろう」 という状況に次々と置かれていきます。

    これはそのうちの一つ、「トミー・リー・ジョーンズがメイド喫茶に行ったら」 です。
    海外からのコメントでは、やはり大受けするとともに、
    「大物俳優がこんな事をして恥ずかしい」という意見も。

    それから「萌え」という言葉に興味を持った人も多いようです。


    動画  携帯用動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 史上最高のTVコマーシャル。+3 ブータン王国

    ■ 本物のトミー・リー・ジョーンズ?(o_o)あんな顔だったかなあ。 フィリピン

     ■ re:もちろん本物。ただ、そう思えなかったってのも分かるよ。「ありえん」って感じだもんねw アメリカ

    ■ まったく笑えるCMだな(^∀^)

    ■ 「萌え」て(笑)+4 アメリカ


    【【海外の反応】何やってんすか!・・・日本のCMに出演するハリウッドスターを見た海外の反応】の続きを読む

    日本の奇妙なCMと題して、味の素スタジアムの紹介VTRを収めた動画を見た海外の反応です。

    この動画、第8回アジア太平洋広告祭のグランプリ受賞作で、
    この作品を作ったのは以下の方々となっています(参照元

     〔スタッフ〕
    プロデューサー 多田 真穂/中野 秀俊
    ディレクター 川西 純
    アシスタント・ディレクター 中西 尚人
    プロダクション・マネージャー 酒井 芙美/飯田 哲平(株式会社ピクト)
    クリエーティブ・ディレクター 古川 裕也(電通)
    CM プランナー/コピーライター 金箱 洋世(電通)

    プロデューサーの多田 真穂さんは映画「ハチミツとクローバー」でもプロデューサーを務め、
    川西 純さんは数々の賞を受賞している、CMディレクターです。

    中西 尚人さんは、映画「犬とあなたの物語 いぬのえいが」の監督を務めたりもしてます。

    他の作品やCMでも数々の賞を受賞している、勢いのある人物で、
    CMでの代表作には誰もが一度は目にした事があるでしょう、
    ロッテFit’s「噛むとフニャン」シリーズや、
    Soft Bank「白戸家 しゃべって歩くお父さん
    などがあります。

    そんな錚々たるメンバーで作られたこの作品、
    着眼点が面白く、日本人の発想らしさを感じさせるCMとして、
    海外からも高い評価を得ているようです。


    動画


    以下、この動画に対する海外の反応


    すげ。こんなCM誰が作ったんだ。 +20 日本

    言葉はわかりませんが、奇妙な声をしていますね。おもしろい +34 デンマーク

    ■ははは。面白い。笑えますねw アメリカ

    【【海外の反応・日本のCM】コミカルでウケます。アイディアが面白いですねw・・・第8回アジア太平洋広告祭のグランプリ受賞作・日本のCMを見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ