海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    日本人

    大空を自由に飛びたい
    人類は大昔から鳥類を見かける度に、「飛行」への飽くなき夢を募らせてきました。
    現代では飛行機は国内・海外旅行時の移動手段としてもっぱら主流となっていますが、
    業務用ではなく、「自分たちの夢を載せるため」の飛行機を作り続けている方々もいます。

    これは、旧日本海軍が第二次世界大戦中に製造していた「二式大艇」を模型として再現し、
    テスト飛行を行っている様子を撮影した動画です。

    コードネーム「Emily」を持つ二式大艇は、開発当時世界最高の性能を誇る飛行艇と呼ばれており、
    最大速度は実に465km/hにも達したそうです。
    飛行機好きなら知らない人はいないと言っても過言ではない伝説の機種とも言われています。

    川西航空機のクラブチームの方々が力を合わせ、
    見事に模型二式大艇を大空へと飛び立たせることに成功しました。

    往年の飛行機ファンなら涙なくしては視聴できない感動の1シーンです。
    多くの外国人視聴者も、彼らのチームワークに惜しみなく賞賛のコメントを寄せています。


    動画 携帯用動画(見れないかも)


    (トラックへの積み方がw)



    以下、この動画に対する海外の反応
    (翻訳はプロの手によるもの)


    ■ お見事!!! オーストラリア

    ■ 素晴らしい! イギリス

    【うおおおお、これが日本の職人芸ってやつか!!・・・日本の二式大艇のラジコン模型を見た海外の反応】の続きを読む

    新型の防波堤に関する、英語ニュースサイト「JAPAN TODAY」の記事に寄せられた海外のコメントです。

    和歌山県沖に設置が始まったこの防波堤は、普段は海中に沈んでいますが、
    緊急時には空気圧によって上昇し、津波の力を弱めるというもの。

    記事で述べているように、防波堤が船の通行の邪魔になるから、
    また美観を損なうから、という理由でこういう 「収納式」 防波堤が開発されたとのことです。

    確かに防波堤は津波を防ぐという目的がなければ邪魔なものだし、
    美観の面でプラスにならないことも確か。
    しかし、その配慮が防波堤の強度や効果を弱めていないか、というのは正直心配なところです。

    ニュースサイトの「JAPAN TODAY」についてですが、
    在日外国人や外国人に向けて、日本に関する情報を発信しています。

    コメントを見ると日本についてよく知っている人も多く、主な読者は在日外国人であるようです。
    0429 kiji
    【記事の訳】
    浮上式防波堤、和歌山県沖で動作試験
    (4月5日)

    和歌山県--津波の力を弱めるための全く新しいタイプの防波堤が開発されました。
    他の防波堤と違う点は、普段は海底に沈んでいるため、
    船の交通の邪魔にならないこと、それから海の美観を損なわないことです。

    津波警報が発せられると数分でこの防波堤がせり上がり、津波に対する障壁になります。
    先週、この防波堤システムの最初の部分が設置され、実験に成功しました。
    下の動画は、その実験の様子です。

    浮上式防波堤を動作試験 津波対策で世界初 携帯用動画
     

    海底13メートルの深さから海上7メートルまでせり上がるこの防波堤。
    動画を見た人は、複雑な機械が海中にあると思うかも知れません。
    しかし実は、空気によって動いているだけなんです。

    警報がなると陸から堤防内部に空気が送り込まれ、上昇します。
    緊急事態が去ると空気は放出され、海中へと沈みます。
    この装置は複雑な機械を使うよりも、ずっとメンテナンスが簡単に済みます。

    非常に優れた装置ですが、
    予定された230メートル長の防波堤のうち、9メートルが設置されたにすぎません。
    防波堤の完成は、2020年。総工費は7億3千万円に上る見込みです。


    以下、このニュース記事に寄せられた海外の反応

    ■ 「他の防波堤と違う点は、船の交通の邪魔にならないこと、それから海の美観を損なわないこと」……。美観も考慮されるとは、思いもよらなかったな。しかも沿岸でやってる公共事業で、そういう事を考えるとは。+3


    ■ もし津波が来たときに作動したら、素晴らしい(多分作動するね)。しかし言いたいのは、絶対に、絶対に津波の力を過小評価してはいけない。+3


    ■ 空気さえあればいいんだな。そして電気は、あまり必要としない。予備の補充用空気があるんだろうね。+2


    【なんで海の中に作るんだろう・・・日本の浮上式防波堤を見た海外の反応】の続きを読む

    日本は差別大国であるという意見に対し、反対意見を述べている動画を見た海外の反応です。

    一部の外国人の方は日本を差別的と見ているようで、
    この動画の女性はその事について順を追って丁寧に「そうではない」事を説明しています。

    外国人の方いわく、日本では外国人お断り、やjapanese onlyと書かれた店もあるらしく
    一見外国人を排斥しているように見えますが、
    それは実は英語が喋れません、日本語だけですと言いたいだけでしょう。
    日本語でのコミュニケーションが日本ではとにかく必要になると力説しています。

    むしろ、日本は神様ですら他文化を尊重し受け入れてしまう国民性を持っているので、
    自分の神以外は皆殺しという排他的な文化は海外のほうが強そうですよね。
    日本人としては外見や種類に関わらず、
    「良いものは良い!悪いものは悪い!」 と言いたいところですが。


    全般的に実感として、外国人にはやさしいのが日本人です。
    それは今も変わらないと思います(私の主観ですが)
    むしろ映画などの影響で外国人を好意的にとらえている日本人も多いのではないでしょうか。
    ただシャイだから英語でのコミュニケーションに臆病なだけですね。
    食わず嫌いな外国の方のコメントが並びますが、
    実際に日本に訪れた方からの日本の評判は良いですよね。

    いずれにしても、海外の方が日本人に興味を持って、
    日本人に対してこうして議論しているのは嬉しい事だと思います。


    動画



    以下、この動画を見た海外の反応


    私たちはすべて人種差別主義者だと思う。他人に偏見を持っているかぎり +2 アメリカ

    ■結局のところ多民族国家ではないと考えているからこうした配慮の無い発言が生まれる。 アメリカ

    ■100、200年先、純粋な「日本人」の定義は薄れていくはず ドイツ

    【日本人はシャイだし、そういったところも関係しているのでは?・・・日本人の人種差別説に反論する動画を見た海外の反応】の続きを読む

    Amazing Japanese Precision (驚くべき日本の精密度)

    日本体育大学の生徒さん達による体育研究発表実演会での人気実演“集団行動”の模様を納めた動画です。『Amazing Japanese Precision』のタイトル通り、驚くほど正確な動きに海外の人たちからは1万件を超える感嘆のコメントが挙がっています。

    ちなみに、この実演のメンバーに選ばれるためにはオーディションがあるんだそうです。

    自分から見てもものすごい綺麗で、極めるとここまでなるのか・・・といった感じですね。

    日本でも話題になったこの動画ですが、海外でも大きな反響を呼んでいるようです。



    動画


    以下、この動画に対する海外の反応 です


    ■ こいつら、本当はリアルに出来たロボットなんだよ。アメリカ

    ■ 1分52秒:もうすぐ乱れる!もうすぐ乱れる!! 2分04秒:よーし、今に乱れるって、絶対に! 2分08 秒: マジかよぉぉぉぉ???    ギリシャ +33

    ■ すっごい!この子達、イギリス軍隊からレッスン受けたに違いないわ! イギリス

    ■ 日本人、恐るべし。 アメリカ

    【【海外の反応・日本体育大学】こうやって東京の交差点を渡る訓練をしてるってわけだ・・・日本の集団行動実演動画を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ