海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    日本刀

    今回は有名な「コールドスチール社」による
    日本刀のデモンストレーション動画を見た海外の反応です。

    日本刀は日本を代表する偉大な武器です。
    「刀は武士の魂である」 という格言もあるように、
    美しく力強い刀剣には見る者を魅了する輝きが秘められています。

    銃火器が日常的に流通している海外の国でも日本刀を愛してやまないコレクターは数知れず、
    いまだに市場でも根強い人気を誇っています。

    今回コールドスチール社がお届けするのは、
    「エンペラーシリーズ」 と命名された四種類の日本刀セットです。

    「一般的な刀」、「両刃の刀」、刀身を短くして扱いやすくした「ワカザシ(脇差のこと?)」、
    さらに刀身の短い「大短刀」の見事な切れ味がプロモーション動画内で惜しげもなく披露されています。

    多くの外国人視聴者がエンペラーシリーズの完成度の高さに賞賛のコメントを書き込んでいます。

    中には日本刀に対して狂信的な情熱を傾ける人々を揶揄する意見も見られますが、
    大半の人は日本刀の素晴らしさを支持し、彼らを擁護しているようです。


    動画  携帯用動画
    Emperor Series : Cold Steel Japanese Swords


    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ この刀ならクソッタレの嘘つき政府もぶった斬れるかな? 国籍不明

    ■ 素晴らしい剣であることは疑いようもないが、どうしてみんな刀なんか欲しがるんだ? 外出する時に忘れ物がないかチェックしていて、「鍵持った。電話も持った。財布も持った。刀も持った。これでオッケー。」 なんて言う人いないでしょうに。 国籍不明

    ■ 見事な製品だよ。 これはおそらく私にとって20個目にあたるコールドスチール社の動画だな。 しかし、彼らの剣やこん棒、投げナイフや斧なんかを見てると、気になることがあるんだよね。 遅かれ早かれ、誰かがコールドスチール社の 「武器」 を使って通り魔的殺人事件を引き起こしかねない。 そのうち彼らの動画は当局に監視されるようになるかもしれないな。 国籍不明

    【一本と言わず全種類欲しいね。:D・・・日本刀(海外製)のデモ動画を見た海外の反応】の続きを読む


    日本のカタナ(日本刀)とヨーロッパのソード(ロングソード)、どちらの方が武器として秀でているか、
    いくつかの実験をベースに比較調査した動画です。



    ビデオを見ていただくと分かるのですが、刀はその刃の鋭さ(切れ味)で勝負していて、
    ソードの方は切れ味というよりもソードの重さ込みでたたき切っているという感じです。
    軍配は個人的には刀に軍配を上げますね。
    刀は同じ武器ですが、ロングソードとは別物でしょう。

    そもそも玉鋼を作り出す技術はヨーロッパにはなく、
    刀のしなやかさと強さ、鋭さを出すことはできないからです。

    ただ相手を突くという面で、刀のしなやかさが不利になるかもしれませんね。
    長剣のほうがリーチがありますし、体重を乗せることもできますから。


    当たり前ですが欧米人にとっては、西洋の剣が劣っていると言われるのが我慢ならないようです。
    動画では、切ったり叩いたり突いたりして両刀剣を比較。
    もっといろんな刀剣を比べてみたい気がしますね(笑)


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ サムライは1600年ぐらいの存在で、西洋の騎士は1200年ぐらい。比較上、日本の方が有利なんじゃないか? アメリカ

     ■ re:いやどっちの戦士も、9~10世紀には現れている。騎士の起源は8世紀頃だから、こっちの方が古いという考えもあり得るんだよ。 アメリカ

    ■ 実際、西洋の剣は切るよりも、突き刺す方に多く使われたんだろうね。 国籍不明

    【【海外の反応・日本刀】日本刀は鉄を、バターみたいに切れるって聞いたよ・・・日本刀 vs ロングソード、どちらがより優れているのか。動画を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ