海外の反応.jp

主に日本に対する海外の反応を翻訳して記事にしてます。

    海外の反応を翻訳してみました!

    零戦

    1995年、「零戦里帰りフライトショー」と称して
    茨城県竜ヶ崎飛行場でおこなわれたフライトショーを見た海外の反応です。

    空を飛んだのは、タイトルでも分かるとおりゼロ戦と、アメリカ軍戦闘機のP-51ムスタング。
    第二次大戦における、日米の名戦闘機です。
    ゼロ戦は太平洋戦争の初期に、その圧倒的な空戦性能によって大活躍。
    大戦初期の空中戦ではほぼ敵無しの存在でした。恐れたアメリカはゼロ戦を徹底的に研究。
    次第に、資源と生産力に勝るアメリカが開発した戦闘機の方が優位に立つようになっていきました。


    P-51ムスタングは第二次大戦時の、世界最高の戦闘機の一つです。
    最高速度は時速700kmを誇り、当時これを超えたのはドイツのジェット戦闘機のみ。
    アメリカの戦闘機は格闘性能が良くない傾向がありましたが、
    P-51は空中戦においても強力でした。

    ちなみに動画で飛んだゼロ戦ですが、まぎれもない本物です。 

    こちらのページによりますと、1944年に米軍が日本軍基地を占領した際、無傷で捕獲。
    戦中はゼロ戦の研究のために使用され、戦後はアメリカ各地で展示されたりしました。

    動画の1995年は初の「里帰り」というわけではなく、この前にも何度か日本へ運ばれています。
    コメントは総数はあまり多くないですが、海外の人がほとんど。しかし、皆さん詳しいですね!


    動画 携帯用動画


    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ ゼロよ、永遠に +11 コロンビア

    ■ 日本最高&アメリカ最高の機種だね。 タイ

    ■ 俺が知ってる限り、世界で最も美しい飛行機のうちの二つ。A6Mのゼロが大好きだ(^_^)+14 アメリカ ※A6M=ゼロ戦の型式のひとつ

    【【海外の反応】さあ弾をこめろ、撃て!・・・日本の零戦を見た海外の反応】の続きを読む

    日本人なら誰もがその名を聞いたことがあるでしょう、戦闘機の零戦の飛行動画です。
    零戦は第二次世界大戦で、機体ごとアメリカの船に突撃した、神風特攻で世界的にも有名です。

    50年以上前の機体がよく残っていたなと感心しますが、動画に映っているのはアメリカ、カリフォルニア州ロサンジェルス郊外にあるプレーンズ・オブ・フェイム航空博物館の零戦52型です。

    零戦52型のプラモデルの製品化のために、エンジン始動~飛行~着陸まで?を行った際の動画です。

    この動画に対し、海外では、そのシンプルで洗練されたデザインに称賛の声が上がっています。

    特にアメリカの人の関心が高いようで、機体を大切にすべきであるとの意見が多いのは意外な気もします。
    日本の零戦はゼロファイターとも呼ばれ、海外からも高く評価されているようです。


    動画



    以下、この動画に対する海外の反応


    ■ 私はこの零戦を何度も見たことがある。子供の頃、この機体のエンジンカウルの隣に立っていた時の写真も持っているよ。 アメリカ

    ■ ああ、第二次世界大戦の音がする。 国籍不明

    ■ シンプルなデザインは美しいね。赤い日の丸だけじゃなくて、白い枠もつければ完璧だったのに。 日本

    【【海外の反応・零戦】シンプルなデザインは美しい・・・アメリカで保管されている日本の零戦(50年以上前の実機)の離陸動画を見た海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ